東京やめて四国に来たら○○していた!

前回の東京やめて四国に来た。の記事からまたとてつもなくブログをお休みしてしまいました。

えぇ、なんたって、とてもブログを書ける状況ではなかったのです。

 

何かって?

 

数か月前にトリップして記してみます。

 

引っ越しして1週間ほどで体調不良

実は引っ越し当日から、旦那さんが胃腸炎になりまして。
せっかく新店舗を任されてオープンの準備に励んでいた矢先に…w

1週間ほどお仕事もお休みして、自宅で安静にしてました。

その間、私は東京から持ってきたお仕事と引っ越しの片付けで必死でした。

旦那さんが回復し、お店もオープンした頃になり、今度は私が体調不良。

平熱が35.8度の私が36.5度くらいの微熱と寒気、だるさ、めまいなどの症状があり、風邪引いたかしら…頑張りすぎたかしら…と思ってました。

ほとんど風邪をひかない私がどうしたのかしら。何か変だわ。と思ってたころ、
足の付け根が引っ張られるようなつってるような痛みに見舞われました。
あとお尻の穴もつったみたいになった…これマジで痛かった。

これは何だ?盲腸か??と、とりあえずググる。

どうやら盲腸ではないらしい。何か子宮系の病気の可能性もあると。

まじかーー。めっちゃ不安になる。

 

妊娠検査薬を使ってみる

とはいうものの、症状を色々検索していくと、「妊娠初期症状」というサイトが沢山出てきた。

読み漁ってみると、結構当てはまる!

もしや妊娠か!?え、そうかな?・・・そんな記憶があまりないw

旦那さんにももしかしたら…と話して、とりあえず病院行きなさいとご命令。

しかしこの日は土曜日で、日曜日も休診だし。

じゃぁ、妊娠検査薬使ってみるかー。と薬局で購入。

ただ、検査が正確にできる時期としてはまだ早かったし、そもそも、あまり妊娠したという実感もないので、さっと済ませてみる。

 

・・・・・・・・・・ソッコーで陽性反応!

 

わぉ!マジで!?結果見ても全然実感わかない!!!

 

旦那さんも仕事でいないし、軽い気持ちで検査したら陽性でちゃったよ。という感じでした。

 

夜、旦那さん帰宅後に報告したら、とても喜んでくれて(^^)これは本当に良かった。

そして翌日の月曜日、病院に行くことに。

 

初めての診察

朝からやはり体調が悪くて、布団でゴロゴロしつつ、病院の診察時間をチェックすると、外来は9時から11時半までの受付だって!

え、まじ?すぐ行かないと間に合わないじゃないか!としんどい身体を起こして準備し出発。

自宅から車で20分くらいのところにある三豊総合病院というところに行きました。

11時頃に到着。
医師は男性と女性、どちらが良いですか?と聞かれ、じゃぁ、女性で。
と言ったら、基本は予約制だそうで、初診の方は結構待ちますとのこと。とは言っても、ねぇ。待ちます。お願いします。

朝ごはんも食べてなかったので、病院内のコンビニでパンを食べる。食欲もあまりなかったなぁ。

その後、待合室で小説を読みながら待つ。

しかし待てど暮らせど全く呼ばれない。あとから来た人がどんどん診察終えていく。。
そして、男性医師の方は患者が全然おらず、女性医師の方ばかりが混んでいた。

結局、私が呼ばれたのは15時頃。4時間・・・しんどかった。

私よりも若い先生で、なんか相談するのも恥ずかしい気持ちになりつつ、話をきいてもらい、内診。

 

先生「ん~~~・・・まだ赤ちゃんの袋、確認できないですね~」

私「え!?赤ちゃんいないんですか?」

先生「まだ子宮に到達していないのかもしれないです。また1週間後診てみましょう」

私「(-0-;)」

先生「もしかしたら子宮外妊娠ということもあるので、お腹痛くなったらすぐに連絡してください」

私「((((-0-;)」

 

というわけで、妊娠したのかどうか確認できないまま帰されるはめに。

あんなに待ったのに結果が分からず、しかも危険もある。この体調不良は何なんだ・・・。陽性反応だったのに・・・。

と、もやもやもやもや・・・・して1週間をすごしました。

 

2回目の診察

1週間後、再診。今回は予約をしていたので割とスムーズに診察の順番が回ってきました。

というか、先週が馬鹿みたいに混んでいただけだったと分かりました・・・トホホ。

体調は相変わらず悪く、微熱とめまいと眠気に襲われていました。

 

どうなってるの、私のお腹の中は・・・?と心配の気持ちが覆い尽くしていました。

そして内診。

 

先生「うん、赤ちゃんの袋、見えてますよ~」

私「わ~~~!ほんとですか~!良かった~~~!」

と言葉を発した途端に涙が込み上げて来てました。恥ずかしいから泣くのは我慢した。

先生も「私も良かった~!」と言ってくれたのもとても嬉しかったです。

 

そして、エコーの画面を見せてもらいました。

初めてみる赤ちゃんの袋。まだ1センチくらいの豆粒みたいな形。

ほっとして、安心して、本当に良かったと感動に包まれました。(思い出しても泣きそうになるな)

旦那さんにもすぐにLINEで報告し、仕事中なのにずっと気にしてくれていたみたいで、喜びの返信がすぐに来ました。

 

 

というわけで、東京やめて四国に来たら「妊娠」していました!

 

そしてまたここから、仕事どうする!?の壁に当たりますが、長くなったのでまた今度。